FCの規模は訪問マッサージ業において重要になる

FCの規模は訪問マッサージ業において重要になる

全国各地で2000年頃から。訪問マッサージ店が都心部だけでなく郊外でもたくさん点在するようになりました。以前は温泉地などの限られたエリアでしか目にできませんでしたが、高齢者向けサービスというスタイルで広まったといえます。マッサージという施術にも注目が集まっており、若い世代で業務を担当なさる方も増えました。これから訪問マッサージ店をオープンさせようという方もいらっしゃるでしょうが、簡単にFC契約による開業のポイントを見ていきます。FCで店をオープンさせる場合、その事業規模が大切なカギを握っているものです。一部地域でしか名前が知られていない、または対応していないという場合は業務拡大がし難いという側面も持ち合わせています。反対に全国展開をおこなっているフランチャイズであれば、規模がとても大きくて知名度も高いといえるわけです。集客数のアップを希望する際は後者の企業に加盟をするのが望ましい結果を得られます。

訪問マッサージのFCに加盟するならCV率で選ぶ

訪問マッサージを開業するなら、著名な名称とブランド力、疲れを癒すためのメソッド、経営ノウハウを一気に手に入れられるFCに加盟する方法がありますが、いくつもの事業者があることからどこにするのか迷うところです。ここで重要なのがCV率で、どれだけの顧客のパイがあるのかに繋がっています。CVはコンバージョンの略で、例えば広告を見たり、口コミを聞いた結果、そのサービスを実際に利用した顧客の率を示します。たくさんの経費をかけてコマーシャルを展開してもその割に集客の効果が低ければ意味は無く、逆に優れたメソッドとリーズナブルな料金などが知れわたっていれば、宣伝にさほど経費をかけなくても顧客の方からコンタクトしてくる訴求力があります。特に訪問マッサージでは顧客の家に訪問するなどしてプライベートな空間で実施されるサービスであることから、他の顧客が施術の様子を見て好感度を持つルートは皆無と言えます。そのような特性のある訪問マッサージだからこそ、FCを選ぶ際にはCVr率の重要性が高まっています。